ホーム >『パーソナルバリアフリー基準』とは

『パーソナルバリアフリー基準』とは

パーソナルバリアフリー基準とは、身体に障がいのある人や、高齢によって身体が不自由な人をはじめとする、さまざまなみなさんに旅行を楽しんでいただけるように開発した基準です。
パーソナルバリアフリー基準の基本は、
(1)障がい者視点の調査により、観光施設などのバリアを明らかにする。
(2)常設の相談センターにおいて、利用者からの相談を受ける。
(3)『旅のカルテ』システムによって、利用者に満足な旅を提案する。
つまり、バリアを明らかにする調査と、相談システムによって、あらゆる人々の旅を実現しようとするもので、旅のユニバーサルデザイン化は、パーソナルバリアフリー基準によって達成されました。

旅行者それぞれが基準だから、誰もが満足。

パーソナルバリアフリー基準は、旅行に身体的な不自由のある、さまざまな誰もに、不安なく満足度の高い旅行の提供を実現する初めてのシステムです。
パーソナルバリアフリー基準では、旅行者それぞれを基準としてバリアフリーな旅行を提供するために、宿泊施設、観光施設、交通機関、食事処、UDトイレなどのバリアを全て調べ上げてデータ化しています。

気軽に相談できるから、旅がもっと楽しくなる。

パーソナルバリアフリー基準を導入している観光地には、旅行者からの相談を受け、データ化された情報を旅行者に合わせてアレンジし、宿泊施設の選定のお手伝いすることのできる「相談センター」があります。
ほとんどの相談センターでは、『旅のカルテ』システムによって、宿泊施設の予約もできます。お客さまが宿に直接予約をされたり、旅行代理店を通して予約されるよりも安心で、余分な負担はありません。

地元の障がい者が調査しているから安心。

パーソナルバリアフリー基準による調査は、地元の障がい者やその介助者によるグループが行っており、センターで相談を受けるのも調査を行ったメンバーです。
メンバーは実際に宿泊するなどしての調査や指導を行い、障がいを持つ人の不安や要求をよく理解しているので、安心して相談できます。

『旅のカルテ』システム

お客様の安心な旅をご提案するための、障がいのタイプや程度、あるいはお客さまのご希望などを聞き取り、管理するシステムです。一度登録いただくとその後に別の観光地に出かける場合にも、ご利用いただけ非常に便利です。
旅のカルテはご相談を受けたセンターでのみ管理をしていますが、お客様のご要望により他の相談センターに送ることも可能です。
『旅のカルテ』はご自分でも登録できます。 ⇒ [旅のカルテ登録]

●パーソナルバリアフリー基準は、 伊勢志摩バリアフリーツアーセンターが開発し、日本バリアフリー観光推進機構が全国統一の基準に育てたシステムです。