仙台バリアフリーツアーセンター

仙台バリアフリーツアーセンターは、宮城県の観光宿泊施設を、パーソナルバリアフリー基準に基づき、地元の障がい者メンバーが中心になって調査指導するとともに、全国の障がい者高齢者のみなさんに合ったご旅行をご案内する団体です。

センター運営は“障がい者・高齢者の旅を、受け地から支援するネットワーク事業”を続けてきた「特定非営利活動法人ゆにふりみやぎ」と“高齢者向けヘルパー付介護旅行”専門旅行会社「株式会社旅日記 」が活動の中心となっています。

平成8年、東北福祉大学在学時に団体を立ち上げた仙台福祉マップ作成委員会を前身とし、、仙台市内のバリアフリーマップを発行した代表も自ら車いす使用者。昭和40年代後半に、全国に先駆けてまちづくり運動が起きた福祉のまちづくり発祥の地という仙台ですが、まだまだ外出情報が少ないという声をきっかけにマップ作りを行いました。

その後、平成13年に初めて身体障がい者と知的障がい者の合同開催である「第1回全国障害者スポーツ大会」が宮城県にて開催が決定。訪れる障がい者たちに自分たちの街を観光してもらうことを目的としたホームページを立ち上げてバリアフリー情報を発信しました。

現在は宮城、仙台のバリアフリー情報の発信とともに、バリアフリー住宅の新築・リフォームの無料相談を行う「人と街と住まい」をつなぐ、ゆに(バーサル)で(バリア)ふり~な宮城・仙台をご案内しております。


●所在地・連絡先

住所: 〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町1-1-8  第一日本オフィスビル5F 株式会社旅日記内
TEL: 022-726-7503
FAX: 022-726-7289
E-mail: mail@sendaibftc.info
URL: http://sendaibftc.info/